13ドゥカティ

2016年5月25日 (水)

箱根に山椒の実を取りに行く。

日曜日朝早く、箱根に行って、山椒の実を探しにツーリングした。
まぁーーーあるはずがない。ということで、行って、すぐに帰った。
これから、梅雨に近づくと、山の上は路面が乾かない。
また、真夏になると、バイクは走れない。暑すぎる。
 
そんで、今回でしばらく乗れないな。
Img_1163a
 
Img_1159a
 
 
Img_1166

| | コメント (0)

2016年5月 7日 (土)

GW 恒例のツーリング 吾輩のバイク腰が痛すぎ!

ドラえもん、ドラえもん。ツーリング行きたいんだけど、
おもちゃじゃ行けないよ。何とかしてよドラえもん。
 
Img_1060_2
大丈夫だ!ノビタ君! ビッグライトぉーー!
 
B_2B2_2
というわけで、バイクを大きくした。
これらな、ツーリングできるだろう。
 
Img_1058_2
まずは、道の駅、保田小学校
ここは、バイクだからすいすいできたけど、車じゃめちゃこみだ。
Img_1062
 
Img_1064
 
Img_1065
 
Img_1063
 
Img_1066
 
Img_1067
 
Img_1068
Img_1069
 
 
Img_1071
 
Img_1072
 
 
Img_1073
 
 
Img_1074
 
Img_1075
 
Img_1077
 
 
次に、ふしぎな岬の物語の舞台になった岬カフェ
相変わらず、おばちゃん元気だ!
人気出ても、相変わらず、にっこりとして、客の対応最高です。
釣り仲間、ハンさんも嫁さんと結婚する前は何回も寄ったとのことだ。
落ち着く店だ。
 
Img_1078
 
よく見ると、写真に密漁者がいた。そんなことはどうでもいいか。(^-^)
Img_1079
 
手づくり感が最高です。
Img_1083
 
勝浦にタンタンメンを食べに移動する。
Img_1084
帰りに養老渓谷!
Img_1085
 
 
 Img_1086
 
Img_1087
 
本日走ったコースはこんな感じです。
Photo
 

| | コメント (0)

2016年2月20日 (土)

今週も海は大荒れ。まだまだ続くドカティ999sの修理

またもや、土曜日、大荒れ!いつになったら、釣り行けるんじゃい。
外は雨、ガレージでバイクメンテだ!
足の短い私は、すぐに立ちごけしてしまう。
それだから、クラッチカバーがぐっちゃり
そこで、今回は、気に入らないクラッチカバーを間違ってヤフオクで落札した。
めちゃ安く落札したので、まぁーー気にせんけど、クラッチの交換と色塗りをすることにした。
さて、もともとのクラッチカバーは、ごらんの通り、へこんでいる。
 
20160220105056_img_0627
 
クラッチカバーのボルトを外すと、短いのが2本
そして、長いボルトが微妙に一本だけ長さが違う。
 
最後にクラッチカバーを付けるときに、同じ場所に、同じボルトを付けなければならない。
これを間違えると、クランクケースに穴を開けてしまうことがある。
(そうなるのかは不明)
 
なぜなら、ホンダ モンキー(カブのエンジン)のクランクケースのボルトも一本だけ違っているため、
間違ってしまうと、クランクケースに穴が開き、そこからオイルが漏れて大変なことになる。
修理できないので、エンジンケースごと交換になってしまう。
 
20160220105020_img_0626
話は変わりますが、カブエンジンをお持ちのみなさん、このボルトだけは気を付けてくださいね。
 
 
Xxxx
 
カバーを開けたら、想像通り、へこんだところが乾式クラッチのボルトと当たってちょっとだけ削れていた。
しかも、真っ黒クロ助だ!
クラッチカバーは穴あきのため、中の乾式クラッチが見え見えになる。
それなら、このクラッチ板のカバーに色を塗ろう。
少しはきれいになるし、削れたボルトもごまかすことができる。
 
20160220105302_img_0629
 
とりあえず、クラッチを外してみた。
 
20160220113515_img_0631
 
平らなクラッチ板をよーーーく観察すると、円の一か所が、丸くなっている。
 
この丸はなんのためにあるのだろう?不思議だ!イタリア人の考えはわからん。
この丸くかけたところは、すべての板にあり、しかも付け方がいい加減だ。
モーメントのバランスを考えると、180度交互に取り付けるべきと思うが、
関係ないのかな?・・・ 今回は、おなじように戻すこととした。
 
20160220114144_img_0636
 
削れて、キズついたクラッチのボルトを色を塗ってごまかす。
 
20160220153353_img_0638
 
以前から持っていたスプレーでクラッチを抑える、カバーにも色を塗ってみた。
 
20160220162050_img_0639
 
ネットオークションで、なぜ失敗したかというと、
クラッチカバーが何種類か出ていて、希望価格が27000円で、
3600円からスタートしていた。
通常、クラッチカバーは1万5000円ぐらいなので、いつものように、締め切りにぐーーんとあがるのだろうなと思っていた。
だったら、一番品のない、クラッチカバーに3600円入れてみたら、
なんと、そのまま落札!えぇーーーーマジ。
まーーいいかぁーー!ということだ。
なお、もっとかっちょいいものも、3600円で、落札者なしだった。
 
付けてみたら、・・・・?やっぱり、なんか、センス悪りぃーーー!
 
変なメタリックブルーに黒いカバー
何かに似ている。
あっ!そうだ、ボヤッキーみたいな感じになった。
 
 
それか、岡本夏生のTバックみたいだ
あぁーーーセンス悪いなぁーー、まっ!いいかぁーー
20160220172523_img_0641
Aaa_2
しばらくは、これで乗って、色も剥げることだろうから、その時に
金色に塗ろう。そして、黒いクラッチカバーも変えようっと!
今までは、イタリアの種馬、ロッキーバルボア君だったが、
しばらくは、岡本夏生号か若しくは、ボヤッキー号に改名しよう。
 
20160220172557_img_0642
 
立ちごけに欠かせない、カウルのキズ!
このカウルの細かいキズを色塗りして完了だが、先が長いなぁーー。
でも、2月3月は、海が荒れ荒れで毎年、釣りに行けないので、自宅で内職だがや。
 
さて、明日は、訳あって、農業をすることになる。近所の農家の人から借りてくる耕運機で開墾するぞ!
本当に土日が忙しい!ってかぁー充実しているな。
中年よ大志を抱け!なんのこっちゃ!

| | コメント (0)

2015年9月 1日 (火)

ドゥカティ999s ステッカーチューンなど

ドゥカティ君

立ちごけして、傷だらけになり、

そして、コースに出るためにチューニングと、ステッカーチューンすることにした。

P8220196

いろんな部品の交換。

P9230058


P9270066


P9270067

ワークスカラーと同じになった。


P9270074

このバイク、こんなふうに片手で持てるぐらい、かるくなりました。(^^)


P9270075

| | コメント (0)