« ヒラメ! | トップページ | 12月17日(土曜日) ついに100回のカヤックフィッシング達成 »

2011年12月11日 (日)

皆既月食の日に、99回目 浮いたその日に記録達成!

Title_4

これって、おひょー!オヒョウ?

Pc100412

グーを作り、口に入れると、すっぽりと私の腕まで入りました。

もちろん、〆てからですよ。

この歯を見てください。食いちぎられそうでうね。

早速ですが、今日は、大潮

 

そして、皆既月食!

 

とにかく、潮が速い!

前回も皆既月食だか、日食だか忘れたが、よく釣れた。

こんな日は、流し釣がいいのだが、

ピンポイントフィッシングで試してみた。

テンヤ4号を落として、1分後着水し、4分シャクリ釣

そして、巻いて

そして、元に戻り、また落としてというピンポイントフィッシング

これって、昨年の真鯛9枚のときのつりだが、疲れるんだよね。

以前も少し、説明したことがありますが、

ポイントは、魚群の上、その周り。

中心に落としても、あんまり釣れない。

Pc100403

これ、よくあるパターンの反応!

この場所を少し、攻めてみよう。

エソ、エソ、エソ、エソ!

やはり、エソだらけ。

Pc100402

でも、その周りには、必ず、大きいのがいるはずだ!

おっと、カワハギ いいサイズだ!

そして、ガツン!いい引き!

なんと、マゴチ

このマゴチだって、61cmあるんですけど!

釣してから、1時間で、本日のお土産終了!

Pc100398

このマゴチ大きいでしょ!

皆さん、私のフリーダムと比較してみてください。

ところが、

ドラマはこれからが凄い!

テンヤを落とすと、いきなり、エソの感覚!

またエソか?と思った瞬間に

2

3

確実に食い込ませるために、手首で、1回だけフッキングした。

ガツン。     ほっ!(安心)

確実に、刺さったことが手に感じた。

針がかりは大丈夫だ!

これで、ドラグが、ゆるんでも外れることはないことを確信する。

回遊魚とは違い、下へガンガンガンと突っ込む、とても重量感のある引きだ。

次は、細いラインで、上げるかに集中する。

そして、テンションが常にかかるぐらいのドラグの微妙な調整をし、開けては閉めた。

巻いては、潜られ、巻いては潜られを繰り返す。

何度も何度も・・・・・・!

何度も何度も・・・・・!

水深があれば、余裕があるが、何せ浅い!

ダイレクトに振動が伝わるため、手首をやわらかくして、ラインに負担がかからないようにした。

顔だけでも見たい!

    顔だけても見たい!いや、絶対に見てやる。

そして、釣って焼いて食べてやる!

彼の途切れない抵抗にもかかわらず、堪えに堪え、

少しずつ浮上させた。

ついに、その正体があきらかに!

7

やはり、ヒラメだ!

(時間をかけて、ゆっくりと自然に浮上させたので、ヒラメも気付かないであげられたのだろ。)

何じゃこりゃ!、でかい!

心臓がバクバク言い始めた。

やばい、タモ入らない。

危険を感じたヒラメは、更なる、暴動を起す!

潜ったり、バンバンバンと、永遠に続く

暴れるヒラメ!

ヤバッ!ヤバヤバ!切れるーーーーーぅ。

やっ、止めて、暴れないで!。

タモ入らない!タモが小さすぎる!

タモをヒラメの頭から入れると、

仕掛けに、引っ掛かり、これじゃ針が外れて、ばれてしまうだろう。   これは止めたほうがいい!

冷静に判断しよう。

心臓ドキドキ!

尻尾からいれても、直ぐに抜け出してします。

心臓ドキドキ

バッシャン!バッシャン!

ワォーーー!止めろ!止めてくれ!

切れる。

こいつ、根性あるなぁー!

さすがに海流にもまれたところで生活していたやつだ!

いつまでも暴れる。

とにかく、水面で空気吸わして、弱らしてやる!

根気比べだ!

ヒラメはバシャバシャ!

私はドキドキ!

水面に上がってきてから

もう、どのくらいの時間が過ぎたのか?

ヒラメのやつが、だいぶおとなしくなってきた。

ドキドキ状態!

8

絶対に放さない!

ヒラメは最後の力を振り絞り、ペタペタと暴れる!

バッシャーン、バタバタバタバタ!

フィッシュクリップを握り締めた腕が、上下に動く!

あぁーー、腕が振られるぅーー!絶対に放すものか!

そして、引き上げた。

おっ!重い!もう既に力がなくなっている私にはつらい!

ついに、カヤックに引き釣り上げた!

Pc100406

9_3

何よりうれしかったことは、

■タモに入らないぐらいとにかくでかい!

■■PE 0.8号 この細いラインで上げられたこと。

後に写真あるが、なんと、6.6kg 91cm

10_2

いやぁーーーー重かったぁーー!

写真に全体が写らない!

しかも、エソと私の手を比べてみてください。

エソ30cmはありそうですが、サイチーでしょ!

それと一緒にあがってて来たので重いはずだ!

Pc100405_2

エソ、脇からガッツリ食われている。

なんてやつだ!

Pc100409

いったんはクーラーBOXに入れてみた。

はいらん!

5_2

4_2

どこにも収まらない。

しょうがないので、外は今年最低気温!

ちょっと寒いので、膝掛けにしてみました。

Pc100414_2

「温かぁーい!昼寝でもするか。」

「ん、なぁーわけない!」

ちなみに、尻尾の付け根が、股間です。

尻尾の先端が、PLAMのジッパのところです。

つり始めて、約2時間

腕の筋肉が悲鳴を上げている。

餌は、まだあるが、十分、

もういい!今日は、十分だ!

でも、ピンポイントフィッシングももう一回試してみる。

ガッツン!

おぉーーー?

これは鯛の引き!なかなかいい引きだ!

Pc100411_2

30cm強、まぁーまぁーなサイズ!

Pc100415_2

61cmのマゴチがめちゃくちゃ小さいでしょ!

カワハギだって、A4サイズで大きいんですが、

6_2

自宅に帰る最中に、

うれしくて、いろんな人に、迷惑メールを配信した。

写真を見てください。

私の腰骨の高さより長いです。

これじゃ、クーラーボックスに入らないはずだわな!

Pc100422_2

どうやってもって帰ってきたかって。

布製のパラアンカーでくるみ、車の暖房を切って持ち帰りました。

Pc100425_2

自宅に帰り、寸法を計ったら、

なんと、91cm

Pc100426_2

Pc100429

6.6kg

もちろん大きいまな板をだしたが、乗らない!

Pc100430_2

パンダヒラメではありません。

もちろん、純白の天然物でした!

肉厚、一才柚子の大きさと同じです。

凄い肉厚です。

Pc100431_2

苦玉も、柚子の半分の大きさ!

肝もでかい!

Pc100432_2

5枚に下ろして、更に、立てにきり、9枚下ろしにした。

普通は5枚に下ろすが、9枚に下ろしたことは初めてだった。

Pc100433_2

カヤックでのヒラメ釣は、60cmオーバーは2回目だが、本当にたまたま、エソが釣れて、それを食っただけだが、とてもうれしかった。

今回の反省!

エソさん、過去、数々のご無礼、誠に申し訳ありませんでした。

1 エソさん。しっかりと針をはずさないで、引っ張ってはずし、口内炎を作ってしまったことを謝ります。

2 エソさん。水面に投げつけたことをお許しください。

3 エソさん。カヤックの上で日光浴させたことを誤ります。

本当に申し訳ありませんでした。m(_ _)m

|

« ヒラメ! | トップページ | 12月17日(土曜日) ついに100回のカヤックフィッシング達成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヒラメ! | トップページ | 12月17日(土曜日) ついに100回のカヤックフィッシング達成 »