« この時期、釣りに行けないから、ジグ作り | トップページ | カヤックに、DIY 手作りアウトリガーを取り付ける »

2020年1月 1日 (水)

オシアコンクエスト 300HGのメンテナンス グリスアップ

OCEA CONQUEST 300HG 分解 メンテナンス

正月でのんびりと、リールメンテナンスでもやろうかな。

今年もがんばって、釣るために、オシアコンクエスト 300HGのメンテナンス グリスアップ

分解メンテナンス、いつも、忘れるので、今回は、記録のために、事細かく、撮影することにした。

しかし、途中で、手が油でベタベタ!可能な限り撮影はしたが、やはり足らなかった。

反省。でもそれなりにポイントをつかんだ撮影にした。

下の写真が、今回使う道具、こんな感じ。

11mm、13mmのスパナは必要

綿棒をハサミで斜めに切ると、とがった感じになるので、そこで、汚れ落としやグリス塗るのに便利!

そして、大事なのはマスキングテープかな。

20191231_074847

ねじとかいろんなところに転がる可能性があるので、

やはり、椅子に座って作業やるより、床の上でやった方が、探しやすい。

ただ腰に負担がかかるのが辛い。

まずは、A3の紙を2枚、角を折り曲げて、飛ばないようにする。

20191231_074453

このねじを回す時が、注意が必要

マイナスドライバーが滑って、カバーにキズが付く恐れがあるので、ここに、マスキングテープを張る。

20191231_074513

 

マイナスネジに、下のように、粘着部分がネジの頭につくようにおりまげる。

20191231_074702

 

そして、ネジに張り付ける!

20191231_074720

 

マスキングテープの上から、マイナスドライバーを差し込み、回せす。

20191231_075026

 

20191231_075103

 

キャップ側もこんな感じにテープを張っておくと傷つかない。

 

20191231_075311

 

 

購入時に分解図がついてくるが、図面にもないワッシーがある。

各部分に極薄ワッシャーがついていないか確認し、あとで、どこに使われていたかを覚えておくか、竹串とか、糸を通しておく。

組み立てるときに、裏表が変わらないようにすることも、気をつけよう。

20191231_075839

20191231_080823

竹串や糸を通しておけば、安心。

20191231_081315

キャップをはずすには、表のマイナスネジ

裏側の2本のプラスネジ

001_20200101114101

 

002_20200101114101

 

カバーを外したら、記念撮影。部品の接続状況を撮影しておいたほうがいいみたい。

 

20191231_082143

 

・ 大きなギアを抜く

・ 中心の黒い部品、バネ(スプリング2本を外し、黒いプラスネジを抜く。

・ 中心のシルバーの部品を外す

・ 白いプラスチックを外す

下の部品(ドラグフリーのレバーの中のストッパー)を外すことができる。

外す時に、小さい部品が飛ばないように注意!

ちなみに、レバーの中のストッパーの部品だが、確認しておく。

スプリングの短いほうに、金属のベアリング。ストッパー金具

とにかく、小さい部品なので、絶対に無くさないように気を付けて保管する。

20191231_082532

 

さて、もっとも注意するところに突入する。

座金を外すとき、とんでもないところに、飛んで行ったりするので、マスキングテープを張る。

 

20191231_185747

油で張り付かないが、とにかくかるく、覆うようにする。

20191231_185816_20200101151801

 

マイナスドライバーなどで、外すと、このように、張り付いたりするので安全!

 

20191231_185936_20200101151801

下の写真のように、よく見ると、長さが違う。

短い方が、ドラム側、長い方が本体側。憶えておく。

004_20200101114101

 

ここまで、くれば、ほぼ分解90%

これからは、省略するが、クリーナーで、各汚れ油を落とし、洗浄とグリスやオイルを塗る。

 

20191231_190659

 

グリスとオイルの使い分け

ベアリングの中のボール部分にはオイル

その他は、グリスを塗ることにしている。

1

その他は、グリス。

回転部分にオイルを塗れば、回転はスムーズだが、釣の後、リールを洗ったりすると、すぐにオイルがなくなる。

そこで、私の場合は、グリス中心としている。

とにかく、汚れを落とすことに、集中!

一年ぶりだから、めちゃくちゃ汚かった。

 

組み立て

さて組み立てだが、注意するところは、2点

注意する部分だけ掲載する。

 

溝がきってあるので、そこにはめる。

005_20200101114101

 

下の写真のとおり組み立てる

20191231_194847

このワッシャーをはめなくてはならない。

そりゃー大変。

20191231_194752

 

そこで、下の写真のとおり、ラインガードを上までもっていく。

そして、指で押すと、軸がちょっとだけ頭を出す。

そこにワッシャー2枚と留め金を入れる。

 

008_20200101114101

こんな感じになるが、この留め金は、親指の爪で押した方がいれやすい。

009_20200101114101

次の難所

ドラッグロックのギヤ部分。

003_20200101114101

 

010_20200101114101 

まず、初めに、下のように組み立てる。

20191231_200942

20191231_201004

白いプラスチックセットした後、下の穴にずらしながら、入れる。

 

20191231_201029

 

こんな感じで、指で抑えながら、上から、シルバーの金属を入れて、黒いボルトを締めて固定する。

 

20191231_201519

あとは、グリスをぬりぬりしながら、一枚ずつ戻していく。

 

 

20191231_203245

 

 

 

 

20191231_203256

 

20191231_205425

 

完成したら、アルコールでかるく、油分を拭きとると、綺麗になるなる。なる。

20191231_205440

 

20191231_223310

 

この方法で、今でも全く問題なく使えている。

自己責任でお願いします。

 

なお、ベアリングは、釣具屋で注文するとめちゃくちゃ高いので、同じサイズをあるベアリング製造会社から直接取り寄せるほうが安いよ。

simanoが使っているベアリングと同じです。

 

|

« この時期、釣りに行けないから、ジグ作り | トップページ | カヤックに、DIY 手作りアウトリガーを取り付ける »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« この時期、釣りに行けないから、ジグ作り | トップページ | カヤックに、DIY 手作りアウトリガーを取り付ける »