« 2023年4月 | トップページ | 2023年6月 »

2023年5月

2023年5月31日 (水)

足漕ぎカヤックの椅子を2秒で固定 激安で超簡単製作 シーラスやMAKOのオーナー必見です

足漕ぎカヤックの椅子をセットするのって、超面倒くさいですよね。

自作販売している方もいらっしゃいますが、

2秒で固定 激安で超簡単製作 シーラスやMAKOのオーナー必見です。

ほんと簡単ですよ

製作動画はこちら こちら

Sum_411_20230531195801

| | コメント (0)

2023年5月24日 (水)

九州を釣る FINAL 謎の巨大魚を狙いに再び錦江湾編 ChatGPTの案内で九州に行こう。(9浮き目)

九州一周の釣旅 伸縮自在のキャンピングトレーラーで九州一周の釣旅しました。

今回、謎の巨大魚を狙いに再び錦江湾にて釣ることにしました。

2023年 9浮き目です

今回が九州を釣る、最終釣日記となります。

そして、フランス語をしゃべる友達2名と会って、凄い料理をつまみに、飲みました。

そのシーンが最後に出てきますが、私には、彼らの言葉は全くといって理解できません。

だって、もう一人の友達に、通訳してもらいました。

もし、時間があるなら、そのシーンを見て、聞いてみてください。

理解できる方は、本当に尊敬します!

動画はこちらです。 こちら

Final_417

最後の日に、この謎の魚

ハイブリッドのハタの居場所を聞きました。

私の新たな目標が決まりました。この迷惑魚を釣って食すです。

 

 

Kuetamaview

 

 

今回の動画は、釣旅最初にも配信しているとおり、

ポピュラーな海水浴場以外の出艇場所を撮影するのは控えております。

なんで?と、特に理由はないですが、なんとなくです。

今回だけではなく昔っからですが 、

再生カウントを稼ぐとかの目的ではないので、

ただ自分の釣りで、こんなもので、この時期に、こんなのが釣れましたを映して、

そう、自慢話の動画です。(^_-)-☆

私の投稿コンセプトも、

海水浴場などの一般的な場所以外の浜の出艇場所は映さないです。

また、沢山の人を声を掛けして集まって出艇しない。

その秩序を守っている。

そのことを岩井の漁師も知っているから、電話がかかってきたり、

海産物が自宅に送ってきたしているんだと思っています。

だから、今でも快く迎えてくれます。

勿論、その浜であった時は、いろんな人と、

釣れる場所を教えあったりしています。

現場であった人なら、色んな話をするのは当たり前ですから(^^♪

万一、私を見かけたら、いつでも、声をかけてください。色んな話をしましょう。

ただ、つい最近は、鋸南、館山は、本当にポイントを絞って釣らないと

釣れなくなってきているのは事実です。

鋸南、館山のピンポイント情報の提供ありですよ。

まだまだ、釣れる内房。お魚はいますよ。

| | コメント (0)

2023年5月15日 (月)

九州を釣る Vol5(雨のため観光、これも凄い)。ChatGPTの案内で九州に行こう。

九州一周の旅 伸縮自在のキャンピングトレーラーで九州一周の釣旅します。

雨のため、観光しました。今回は私の目線の観光です。

意外と、楽しいかもしれませんのでご覧ください。

動画はこちら こちら

Vol5-_416

 

海水浴場は、シーズンオフですので、だれもが使う、一般的な釣場ですので場所公開しています。

流石、九州とてもきれいです。最後まで是非ご覧ください。 
なお、九州を釣るシリーズは以下のとおりです。
九州を釣る
   • 九州を釣る Vol5(雨のため観光... Vol5(雨のため観光、これも凄い) 
   • 九州を釣る Vol4(延岡熊野江編...  Vol4(延岡熊野江編)
   • 九州を釣る Vol3(強風のため山...  Vol3(強風のため山菜を食す)  
   • 九州を釣る Vol2(ダグリ岬編)...  Vol2(ダグリ岬編)  
   • 九州を釣る Vol1(錦江湾編)。...  Vol1(錦江湾編)

| | コメント (0)

2023年5月10日 (水)

九州を釣る Vol4(延岡熊野江編)。ChatGPTの案内で九州に行こう。(8浮き目)

九州一周の旅 Vol4は延岡市の熊野江編から出艇しました。

そろそろ終盤に近付いてきました。

今回も前回に続き海水浴場です。

熊野江って大分と思っていたら、宮崎だったんですね。

九州は海水浴場はあちこちあります。どこでも、お魚いますね。

今回の釣旅行のコンセプトのとおり、普通の海水浴場は公開はしますが

海水浴場以外は公開していません。

やはり海水浴場は景色もきれいですね。

いつものように、地元の人とも、仲良くなっちゃいました。

通りがかりの散歩の人としゃべる時間、一人当たり平均30分

これまた大変ですが、名刺までいただいちゃいました。(^^♪

帰るときは、みんな、手を振ってくれるし、

映像とっているなら、私も出してと言われちゃいましたが、

(^_-)-☆、それはそれ(^^♪。

観光が6割ですが、

釣と旅行の動画は こちら

です

温泉とかもかなりいいのでぜひご覧ください

 

Sum_414

なお、海開きとなると、出られないと思います。

また、錦江湾での釣は海水浴場ではありません。

| | コメント (0)

2023年5月 7日 (日)

九州を釣る Vol3(強風のため山菜を食す)。ChatGPTの案内で九州に行こう。

九州一周の旅伸縮自在のキャンピングトレーラーで九州一周の釣旅します。

ダグリ岬海水浴場から次は、

強風のため山菜を食すにしました。

釣もいいけど山菜もいいかなと思って、動画にしました。

動画はこちらです。こちら

手前みそですが、意外とYOUTUBE上手になってきました。

少しばかりのギャグというか、動画とっていて、面白いなと映像に残っていたのも掲載しました

 

 

Sum_413_20230507171001

そして、色んな海水浴場を見て、翌日の出艇場所を探しました。

こことか

Photo_20230507171202

こことか

 

Photo_20230507171301

こことか

Photo_20230507171201

| | コメント (0)

2023年5月 1日 (月)

九州を釣る Vol2(ダグリ岬編)。ChatGPTの案内で九州に行こう。(7浮き目)

九州一周の旅伸縮自在のキャンピングトレーラーで九州一周の釣旅します。

次はダグリ岬海水浴場から出艇しました。
爆釣です。最後まで是非ご覧ください。

動画はこちらです。 こちら


Sum_412

 

動画の一部です。

Isaki_3111

動画の一部です

一万円の魚を ぽい!

1_21021

Vol2

なお、九州を釣るシリーズは以下のとおりです。

 

九州を釣る Vol1(錦江湾編)。ChatGPTの案内で九州に行こう。
   • 九州を釣る Vol1(錦江湾編)。...   動画内に出てくるOPINELのナイフの改造の動画は以下のとおりです。


オピネルナイフ最高のカスタム 布袋竹と鏡面磨き(仏風から和風へ)驚くほど握りやすい。

OPINEL knife to bamboo and mirror


   • オピネルナイフ最高のカスタム 布袋...  

 

 

キャンピングトレーラーの製作(自作・DIY)は以下の動画です。

これまでのキャンピングトレーラー製作ナンバーです
#12 全国釣旅するため内装製作開始【伸縮型キャンピング軽トレーラーを製作】
   • #12 全国釣旅するため内装製作開...   #11 ついに外観完成GWに間に合う。しかし最後に落ちが!【伸縮型キャンピング軽トレーラーを製作】
   • #11 ついに外観完成 GWに間に...   #10 外壁は軽量化を重視。【伸縮型キャンピング軽トレーラーを製作】
   • #10 外壁は軽量化を重視。ノルウ...   #09 試作 四隅にリフトを取り付けたら良さげです。【伸縮型キャンピング軽トレーラーを製作】
   • #09 試作 四隅にリフトを取り付...   #08 リフト製作(問題発覚)と春釣ノッコミ爆釣の二本立て【伸縮型キャンピング軽トレーラーを製作】
   • #08 リフト製作(問題発覚)と春...   #07 伸縮型キャンピング軽トレーラーを製作 【屋根付けて、伸縮稼働テスト Transforming camping trailer】
   • #07 伸縮型キャンピング軽トレー...   #06 伸縮型キャンピング軽トレーラーを製作【伸縮機能をつけた】
   • #06 伸縮型キャンピング軽トレー...   #05 伸縮型キャンピング軽トレーラーを製作【設計ミス発覚】
   • #05 伸縮型キャンピング軽トレー...   #04 伸縮型キャンピング軽トレーラーを製作【下側防水対策処理】
   • #04 伸縮型キャンピング軽トレー...   #03 伸縮型キャンピング軽トレーラーを製作【下側製作】
   • #03 伸縮型キャンピング軽トレー...   #02 伸縮型キャンピング軽トレーラーを製作【基礎台造り】
   • #02 伸縮型キャンピング軽トレー...   #01 伸縮型キャンピング軽トレーラーを製作『 段ボールでイメージ作り』
   • #01伸縮型キャンピング軽トレーラ...  

| | コメント (0)

« 2023年4月 | トップページ | 2023年6月 »