農業(ブルーベリー)

2016年6月 3日 (金)

プチ農業 ブルーベリー収獲

本日、2種類のブルーベリーを収獲した。大きく育った。
たった6個づつだけど初物!めちゃうれしーぃ

Img_1202_2

Img_1203

 

| | コメント (0)

2016年5月18日 (水)

プチ農業 つくね芋死亡 そのほか多数死亡

素人農業 次から次へと、死亡!
 
まずは、つくね芋、ご臨終となりました。
 
オクラ10本ぐらい中5本がご臨終となりました。
 
粘土質のこの土地は、痩せた土地でも育つ植物のみしか育たないのかな。
 
でも、ホームセンター行ったら、面白うそうな植物を発見。
性懲りもなく、購入して、植えた。
 
まずは、訳の分からん植物。
 
ペピーノ  なんじゃそりゃ!
後でわかったが、ナス科だそうだ。じゃだめだな。
Img_1116
 
自然薯は、4本中一本だけがすくすく育っている。
ほかの者!はよぉーー出てこいやぁーー!
 
Img_1117
ミニカボチャを植えた。こいつは大丈夫だろう。
Img_1118
オクラの太いやつを植えてみた。これも、かなり変わった感じだ。
 
Img_1119
ブルーベリーは大丈夫。そこそこ育っている。
 
Img_1120

| | コメント (0)

2016年5月 4日 (水)

プチ農業 ジャガイモ順調 つくね芋死亡 その他

ジャガイモは種類によっては、順調である。
ベニアカリ 順調
Img_1047
とよしろ 順調
 
Img_1048
 
アンデス赤 順調 赤って書いてあるので芋が赤いらしいが、茎も赤いみたいだ。
 
Img_1049
インカのめざめ いまいち。こやつはスーパーで買うとほかのジャガイモとは違い、ちょっと高いそうだが、育ちが悪い。納得。
 
Img_1050
メージャーなメイクイン いまいち。 これは、拙者の作り方が悪いのだろう。
 
Img_1051
こがねまる これもいまいちだ。
 
Img_1052
ヒッチカーゴは水運びにも役に立っている。
Img_1055
枝豆とインゲンはやはり育ちが悪いため、自宅でポットにより成長させた苗を追加で植えることにした。
 
Img_1044
つくね芋が、なかなか出てこない。
そこで、掘ってみた、なんと、芋自体が腐っていた。
つくね芋 死亡した。
ホームセンターに行く。
オクラの苗が売っていたので、買い植えた。
Dsc_0781
 
ミニトーガン
Dsc_0780
アピオス?
ジャガイモみたいなものとかいてあるので、植えた。
 
Dsc_0782

| | コメント (0)

2016年2月28日 (日)

プチ農業 鶏糞ともみ殻を撒く

本日の農作業は、
先週、水たまりになっていて耕していないところを耕す。
そして、鶏糞ともみ殻をばらまく作業だ。
ヒッチカーゴに鶏糞ともみ殻載せて、乗り切れない鶏糞ともみ殻は車の中。
なんと、車の中で、もみ殻の袋が破れて、飛散する。あぁーーーー、高級車なのに!
そもそも、カヤック載せているのもおかしいか。
やっぱり、気兼ねなく使える軽トラ買ってカヤックと農業に使うかな。
そうすると、息子のコペンちゃんを売らないと駐車場がない。
いや、黒い車か、この白い車がいらんな。とりあえず、軽トラは我慢しよう。
 
Img_0646
 
このヒッチメンバーとヒッチカーゴは、三郷のボートプラザコーポレーション で購入したもの。
これにした理由は、これもまた、素人ならではの考えで、
ヒッチメンバーのレシーバー形状は、2インチ(約50mm)のスクエア脱着タイプ
上からの力は100kgぐらいまで耐えられるとのこと。
有名なソレックスは40mmで、上から抑える力について、問い合わせたら、忘れたけど50kgか75kgとか言っていた。
エンジンとかを載せるので、大は小を兼ねるという考えから、
どうせなら太い方しようと選んだのが、三郷のボートプラザコーポレーションのヒッチメンバーである。
一般的には750kgのけん引が1500kgまで、けん引できるとかいっていた。
だけど、実際モノコックボディーのハリアーハイブリ君のほうが、1500kgに耐えられないだろうね。
 
Img_0647
 
早速、農作業開始だ。のこりの土地を耕す。わーーー結構硬そうだ。
 
Img_0648
 
本日も風邪が治らず、微熱が続く。辛い。
Img_0652
おぉーーーかみさんが手伝いに来てくれた。助かった。
 
Img_0657
 
さて、農業については、全くのど素人
ブルーベリーについて、調べてみた。
【ブルーベリー】
ブルーベリーっていろんな種類があって、ようわからん。
そこで、考えたのが、
1 暑さに耐えられる。
2 大実
3 弱酸性から微アルカリ性の範囲内で生育するもの。
調べてみると、野菜は弱酸性から微 アルカリ性の範囲内の土地を好むらしく、強酸性で育つ野菜は少ないという理由である。
 
この3つのポイントに絞って、いろんな種類を買ってみた。
ただし、No2-1については、試行的に強酸性を好むものにしてみた。しかも暑さに弱い。
でも、なぜ買ったのか。それは、極大実とのことで、それはそれは魅力的だ!
No2-1以外のブルーベリーは、6.0hp~6.5hpが適しているが、
このNO2-1のブルーベリーは 4.0hpと書いてあった。
そこで、酸性にするには、ピートモスという、わけわからん、乾燥したコケがいいらしく、
どうやって使っていいのかわからないので、下の水色のエリアを上から、ばらまいてみた。
後で調べたら、穴掘って、掘った土と、ピートモスと肥料を混ぜて、植えるらしい。
 
そんなことは知らん!また時間があったときにやってみよう。
 
Photo
 
 
サザンハイブッシュ系(ケープフェア)(~弱アルカリ、暑さに強い)
【No1-1 ・ No1-3 ・ No2-6】  3本
Img_0658
サザンハイブッシュ系(シャープブルー)(~弱アルカリ、暑さに強い)
【No1-2 ・ No1-4 ・ No1-6 ・ No2-3 ・ No2-5】 5本
 
Img_0659
ラビットアイ系(ウッタード)(~弱アルカリ、暑さに強い)
No1-5 1本
Img_0662
サザンハイブッシュ系(サンシャインブルー)(~弱アルカリ、暑さに強い)
【No2-2】 1本
 
Img_0665
ラビットアイ系(ブルーシャワー)(~弱アルカリ、暑さに強い)
【No2-4】 1本
 
Img_0667
ハイブッシュ系(超大実のブルーベリ)(強酸性、暑さに弱い)
【No2-1】 1本
 
Img_0664
こんな感じですが、いい出来栄えなのか、ダメなのかもわからん。
Img_0670
最後に、近くのホームセンターから無料で貰ってきたおがくず、巨大な袋2つ(を
植えたところに厚く巻いて、土をかるくかぶせて、保水!
Dsc_0636
 
Dsc_0634
午前10時30分、次に、精米所(米太郎)にある糠も無料なので、巨大な袋に2つ詰めて、
持ってきて畑にまいた。
Dsc_0635
本日の農作業は終了!
次は、ジャガイモと自然薯にチャレンジだ。
【カヤック釣りから始まるLINEメンバーについて】
我がカヤックLINEメンバーとやり取りしていると、いろんな趣味を持っている連中ということがわかった。
 
たとえば、
拙者が今後、農業者とすると、
クラウドさん:たき火大好きと矢専門。
Kちゃん:KAYAK55の青物ダービー2位で、 配線作業の全国大会優勝者(そんな大会があったことに驚いた。)
ソリさん:猟師(4つ足専門)
田原俊彦さん:猟師(空飛び専門)
タータンさん:今回、限りなく漁師に近づくために、大型漁船を購入したみたいだ
Tさん:金属加工の鍛冶屋的作業大好き(パスファインダー乗っている人は、その凄さに驚くかもです。いずれ、公開します。)
そのほかのメンバーいろいろ。
肉、野菜、魚、鳥、金属加工、配線 
なんとなくそろったぞ!
これじゃ、自給自足の生活できるんじゃん。
 
あっ、そうそう、フィールドショップの社長やナウさんも、漁船持っていたな。
 
魚をゲットするメンバーが多いので、
猟師連中は、もっと頑張ってくれ!カモ鍋、ボタン鍋、サクラ鍋待ってるぞぃ!。
南房総でキョンが大量発生しているので、猟師大歓迎とか言ってたような。
キョンの場合は、キョン鍋っていうのかな。それとも、キョンシー?
ともかく、カモといえば、ネギ!そして、獅といえば、・・・?ネギ、大根、サトイモなどなど。
ど素人農業者の拙者も、彼らが調達する、4つ足肉や鶏肉、そして魚に必要な野菜を調達できるよう頑張るぞ。

| | コメント (2)